活動記録
活動記録>平成24年度行政視察 7月13日(金)
■平成24年度 行政視察

仙台市の被害状況および復興状況、震災廃棄物の処理について

研修視察日 平成24年7月13日(金)  9:00〜11:30
視 察 先 宮城県仙台市
説 明 者 仙台市議会事務局調査課長  熊谷徹氏
仙台市消防局防災企画課主幹  本田美智範
仙台市消防局防災企画課防災企画係長  山田 治幸氏
● 所 感
 今回の行政視察三日目を迎え、それぞれ視察前とこの日で確認した被災地の現状は大違いでありました。
 街が、生活の場が想像を絶する状態であることを、今も見ることができるのです。
 13日は、仙台市議会事務局熊谷課長、同市消防局本田主幹・山田係長のご尽力で、午前10時から正午まで仙台市の復興の状況について、特に震災廃棄物の処理について、説明をいただきました。

 震災から1年4ヶ月を迎えた現地は、まだまだ復興、復旧は進んでおりません。
 大津波により大地が使用不全であります。
 仙台市街より東側は、米どころでもあったのですが、この大地(基盤整備の済んだ)農地は、塩害によって米作りは無理とのことでした。
 また、震災ゴミの問題ですが、街の至るところに山積みとなっています。
 暑い夏を迎え、ゴミの悪臭、さらには、伝染病の対策が必要であると考えます。
 どの課題も、すべて早期に対策を取らなければならないものばかりであるように考えます。
 災害を防ぐことはできません。いかに人々の命を守り、減災の対応を考えることが大切かを、今回の研修を通じて改めて痛感しました。
 市民の方々に大災害の怖しさを知っていただくこと、自分をはじめ周りの方々の命を守ること、さらには日頃より訓練を積むこと、自分の身体に覚えさせることが重要であると考えます。
 今回の行政視察で見聞きした知識を、ふるさと草津市、市民の皆さんが安全、安心に暮らす街づくりにしていかなければならないと肝に銘じ、精一杯汗を流します。

報告者 竹村 勇
草津市議会草政会事務局 〒525-8588 滋賀県草津市草津三丁目13番30号 TEL 077-561-2413   Copyright © 2008-2009 SOSEIKAI All rights reserved.